コンテンツにスキップする

ドイツ銀、コメルツ銀との合併にメルケル首相の支持求める-関係者

  • 想定される人員削減を政府が認めるという保証を得たい考え
  • メルケル首相は合併が両行の問題を解決することに懐疑的

ドイツ銀行は国内同業のコメルツ銀行との合併の可能性を追求するに当たって、メルケル独首相の支持を得て政治的な批判をかわそうとしている。

  事情に詳しい関係者によると、経営陣は合併の計画について公にする前に、想定される人員削減を政府が認めるという保証を得たい考えだ。独財務省は両行の合併を後押ししてきたが、メルケル首相はこれまでのところ、発言していない。非公開の検討内容だとして関係者らが匿名を条件に述べた。

ECB President Draghi And Financial Leaders At European Banking Congress

コメルツ銀行のツィールケCEO(左)とドイツ銀行のゼービングCEO

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

  独政府はコメルツ銀行株15%を保有しており、最終的には合併を首相が承認する必要がある。

  国内2大銀行の合併により強力な銀行を生み出せるという議論があるものの、メルケル首相は合併が両行の問題を解決することに懐疑的で、再び銀行救済に追い込まれることは何としてでも避けたい考えだとされる。合併実現なら最大3万人もの雇用を脅かす可能性があるとされるため世論も反対に回ることは必至で、合併の推進役を担ったと見られることは誰も望んでいない。

  ドイツ銀とコメルツ銀の広報担当者および、首相府と財務省の報道官はコメントを控えている。

原題:Deutsche Bank Is Said to Seek Merkel’s Nod for Commerzbank Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE