コンテンツにスキップする

VWを米SECが提訴-排ガス不正で社債保有者欺いたと指摘

  • 不正を隠しながら2010-15年に米国で多額の起債-SEC
  • SECによる法的措置の可能性を年次報告書で開示していた

米証券取引委員会(SEC)は14日、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)をサンフランシスコの連邦地裁に提訴した。同社のディーゼル車が排ガス基準を満たしていないことを投資家に開示するのを怠ったとしている。

  訴状によると、VWは排ガス不正を隠しながら2010-15年に米国で数十億ドル相当の社債や資産担保証券(ABS)を発行。「VWが消費者を欺いて『クリーンディーゼル』車を買わせ、米国の排ガス基準を順守していない車両を米国内で販売するため当局を欺いていたことを投資家は知らされていなかった」と指摘した。

  VWは12日に提出した年次報告書で、17年1月に正式に始まった調査に関連して法的措置を講じる可能性があるとSECから通知を受けたことを明らかにしていた

原題:VW Sued by SEC for Misleading Bondholders on Diesel Cheating (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE