コンテンツにスキップする
Photographer: Kevork Djansezian/Getty Images

米不正入学問題でスタンフォード大の学生が提訴ー集団訴訟目指す

A student walks near Royce Hall on the campus of UCLA on April 23, 2012 in Los Angeles, California.
Photographer: Kevork Djansezian/Getty Images

米国の名門大学に子供を入学させるために不正を行ったとして富裕層の親や大学関係者ら50人を連邦検察当局が訴追した問題に絡み、スタンフォード大学の学生2人が南カリフォルニア大学(USC)エール大学カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)などの大学を相手取りカリフォルニア州の連邦地裁に提訴した。集団訴訟の認定を求めている。 

  学生2人は、名門大学に正当に入学する公平な機会を拒否されたほか、スタンフォード大学の学位の価値が損なわれたと主張した。

米名門大学に子供を入学させるために不正を行ったとして50人を検察当局が訴追

ソース:ブルームバーグ)

  13日の訴状によると、学生2人はエール大学とUSCにそれぞれ入学を志願する公平な機会を拒否されたと訴えている。

原題:Stanford Students File First Admissions-Scandal Class Action(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE