コンテンツにスキップする

ニュージーランドのモスクで銃乱射テロ-49人死亡、20人超が重傷

更新日時
  • 容疑者の男1人を拘束、車両に手製爆弾-犯行をネットにライブ配信
  • アーダン首相、周到に計画されたテロと非難-「最も暗うつな日」

ニュージーランドのクライストチャーチで15日、イスラム教のモスク(礼拝所)2カ所を狙った銃乱射テロが起き、49人が死亡し、20人超が重傷を負った。

Attacks on Two New Zealand Mosques

  マイク・ブッシュ警視総監は同日夜の記者会見で、20代後半の男1人が殺人容疑で拘束され、16日朝に裁判所に出廷する予定だと述べた。このほか武装していた3人も拘束されているが、事件への関与についてまだ分かっておらず、捜査が続いているという。

  アーダン首相は事件を周到に計画されたテロ攻撃だと非難し、ニュージーランドがこれほど暗うつな一日を過ごしたのは過去にほとんど例がないと述べた。

  警察当局はまだ逃走中の犯人がいるとは考えていないものの、危険が去ったとみなすべきではないと述べた。当局は国内全てのモスクに閉鎖を要請し、通知があるまで立ち入りを控えるよう市民に勧告した。事件がクライストチャーチに限定されているかどうかも不明だという。

  ブッシュ警視総監は同国では前例のない事態だと述べ、警察が停止させた車両に手製爆弾が2つ装備されていたことを明らかにした。

  クライストチャーチ中心街のモスクで1件目の銃撃が起きたのは、現地時間午後1時40分ごろ。ブッシュ警視総監は同一人物による犯行かどうかへの言及を避け、容疑者1人が拘束されていると述べるにとどめた。

  犯人とみられる男は、銃撃の一部をフェイスブックに生中継で配信し、人種差別的な動機によるテロ行為を示唆する犯行声明をソーシャルメディアに投稿した。この男は自分をオーストラリア人としている。

  フェイスブックは警察からの連絡を受けて動画を削除し、男のフェイスブックとインスタグラムのアカウントを停止した。

Gunman kills at least six people at mosque in Christchurch

3月15日にクライストチャーチで発生した銃乱射事件で救急車に乗せられる負傷者

撮影:Martin Hunter / EPA

原題:Terrorist Attacks on Two New Zealand Mosques Leave 49 Dead (1) (抜粋)

(情報を更新し、書き換えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE