コンテンツにスキップする

墜落したボーイング機は離陸直後トラブルか、無線記録が示す-NYT

  • エチオピア航空事故機は離陸後数分間に急激な上昇と下降-関係者
  • 調査官は18年のライオンエア機の墜落事故との関連性の有無に注目

10日に墜落したエチオピア航空302便は離陸直後にトラブルが発生し、1回で数百フィートの上昇と下降に見舞われたと米紙ニューヨーク・タイムズが同機の交信記録を見た関係者1人の話を引用して報じた。

Ethiopian Airlines crash aftermath

回収されたエチオピア航空ボーイング737MAX8のフライトレコーダー

出典:EPA-EFEによるBEA

  同紙によると、エチオピア航空運航のボーイング737MAX8の機長は、離陸からわずか3分で異常な速度に加速したため、空港に引き返す許可を緊迫した声で要請した。

  全ての交信はエチオピア航空302便がアディスアベバの空港を離陸してから5分後に途絶えた。管制官は機長の無線メッセージの前から、緊急事態にあることが分かったという。

  ボーイング737MAXの墜落事故は過去5カ月足らずで2回目。調査官らは今回の事故と昨年10月にインドネシアで起きた同型機墜落との関連性の有無を立証しようとしており、飛行上の問題の正確な性質が重要な鍵を握る。

  米国とカナダの当局は2つの事故機の短いフライトデータには類似性があるとしているが、同じ問題が原因だったとはまだ結論づけていない。ライオンエアの事故機は、機首を下げようとした自動安全システムにパイロットが反対の措置を講じる間、下降と上昇を20回余り繰り返した。
  
  NYT紙によると、エチオピア航空の事故機のボイスレコーダーとデータレコーダーは調査のためパリに送られた。

原題:Boeing Jet’s Radio Messages Showed Immediate Trouble, NYT Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE