コンテンツにスキップする

ゴールドマン:ニューヨークで65人削減-州労働局に届け出

  • 人員削減の理由は「経済的」要因だと2月27日の届け出で説明
  • ソロモンCEOはコモディティーなど全社事業の見直しを進めている

ゴールドマン・サックス・グループはニューヨーク事業の人員を65人削減する計画を同州労働局への届け出で示した。「経済的」要因を理由として挙げた。

  届け出は2月27日付のもので今週公表された。同社は新規採用の余地を確保するため毎年この時期に通常5%前後の人員削減を実施している。昨年10月にロイド・ブランクファイン氏の後任の最高経営責任者(CEO)に就任したデービッド・ソロモン氏は全社的に事業を見直している。

  コモディティー事業も見直し対象の1つであり、シニアマネジャーは人員削減や一部事業からの撤退などの計画を提出するよう求められた。事情に詳しい関係者が先週明らかにしたところでは、コモディティー部門の人員の約5%に当たる10人が削減される。

原題:Goldman Sachs Says in New York Filing It’s Cutting 65 Jobs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE