コンテンツにスキップする

独VWをSECが提訴の可能性-ディーゼル車の排ガス不正の開示巡り

  • VWが年次報告書の中で提訴の可能性について言及
  • 債券や資産担保証券発行時に情報開示を怠ったとの情報に関連して調査

米証券取引委員会(SEC)はドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)に対し、同社のディーゼル車が排ガス基準を順守していなかったことを投資家に開示するのを怠ったとして、同社を提訴する可能性があることを通知していた。VWが当局に提出した書類で明らかになった。

  VWは12日に提出した年次報告書で、2017年1月に正式に始まった調査に関連して法的措置を講じる可能性があるとSECから通知を受けたと説明した。この調査は、債券や資産担保証券(ABS)の発行時に同社が開示しなかった情報に関連したものだという。

  ディーゼル車の排ガス機能を操作する違法なソフトウエア使用に関する情報を隠していたとされる疑惑が15年に発覚。それ以来、この問題は同社にとって圧迫要因となっている。

原題:VW May Face SEC Suit Over Failing to Disclose Diesel Breach (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE