コンテンツにスキップする

米上院、大統領の壁予算巡る緊急事態宣言を阻止する決議案を可決

  • 大統領の拒否権を覆すのに必要な67票には8票届かず
  • トランプ氏:民主主導の決議案に拒否権を行使するのが楽しみ
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Alex Edelman/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Alex Edelman/Bloomberg

米上院は14日の本会議で、トランプ大統領がメキシコ国境の壁予算を得るために行った国家非常事態宣言を阻止する決議案を可決した。トランプ大統領の初の拒否権行使が確実となった。また上院の共和党議員が大統領と異なる立場の表明に前向きになっていることが示唆された。

  上院採決は賛成59、反対41で、大統領の拒否権を覆すのに必要な67票には届かなかった。先月の下院の同様な採決でも拒否権を覆すのに必要な3分の2の賛成票には届かなかった。

  トランプ大統領は上院での採決後、ツイッター投稿で、「可決されたばかりの民主党主導の決議案に拒否権を行使するのを楽しみにしている」と記すとともに、反対票を投じた「強い共和党議員」に謝意を表した。大統領は先にホワイトハウスで、議会は拒否権を覆せないだろうと述べていた。

原題:Senate Rejects Trump Border Emergency, Setting Up Veto Showdown(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE