コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris

アップル株が5日続伸、サービス事業の成長をカウエンが予想

  • 投資判断「アウトパフォーム」でカバー開始、目標株価220ドル
  • サービス事業は投資可能な長期的テーマ-サンカー氏
An attendee uses a mobile device to take photograph before the start of the Apple World Wide Developers Conference (WWDC) in San Francisco, California, U.S., on Monday, June 13, 2016.
Photographer: David Paul Morris

アップルのサービス事業は同社株の長期的上昇のけん引役になる一方、「iPhone(アイフォーン)」は「一種の年金として」役立つ可能性があるとカウエンは指摘し、投資判断を買いに相当する「アウトパフォーム」でカバーを開始した。

  14日の米株式市場でアップル株は一時1.3%上昇。2月6日以来の5営業日連続高となった。現在の水準では、アップル株は昨年12月前半以来の高値圏にある。

Cowen touted Apple's services business

  アナリストのクリシュ・サンカー氏は、「サービス事業は投資可能な長期的テーマだと考える。1株利益の貢献は2021会計年度までに倍増し6ドルに拡大する可能性があり、反復的な収入の増加が株価収益率の上昇をけん引するだろう」と分析。アップルは「製品のインストール基盤を大いに収益化し、付加価値のあるオプション(恐らくSiriを含め)料金を請求していくだろう」と予想した。

  カウエンはスマートフォンが「成熟した市場」であり、「画期的な技術革新の欠如と価格設定ミスがアイフォーンの課題を広く知らしめることにつながった」と指摘。しかし、9億台のインストール基盤や、現在普及している中で最も古い機種が5年に迫る状況を踏まえると、「アイフォーンの年間出荷台数は、機種変更の需要に近づいており」、それは「端末販売の支えとなる一種の長期年金となり得る」と付け加えた。同社はアップル株の目標株価を220ドルとした。

原題:Apple Gains for Fifth Day as Cowen Touts Growth in Services (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE