コンテンツにスキップする

EU離脱の暗雲再び-ポンドの売り持ちが昨年12月以来の高水準

  • 英国は離脱に関して決して合意できないように見える
  • 離脱の期限に近づくほど市場は神経質になるだろう-パン氏

英国の欧州連合(EU)離脱について、遂にコンセンサスが生まれようとしているようだ。英国ではなくポンドの運命を巡るコンセンサスだ。

  トレーダーのポジショニングを測るシティグループの指標によると、ポンドの売り持ちは昨年12月以来の高水準となっており、市場参加者らはこれがさらに増えるとみている。IGアジアのストラテジスト、ジンイ・パン氏によると、その根拠は英国が離脱に関して決して合意できないように見えることだ。その不確実性がポンドに対するセンチメントを悪化させ続けるという。

  「明確な解決なしに離脱の期限に近づくほど、市場は神経質になり、ショートポジションは増えるだろう」と同氏は述べた。

Currency traders have boosted sterling short positions even as it rallied

原題:Brexit Blues Return to Pound as Short Positions Continue to Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE