コンテンツにスキップする
Photographer: Christophe Morin

ソシエテの「今年の女性」に選ばれた元幹部、解雇で提訴-6.6億円求める

  • ゼーナ・ビニエ氏は2016年に突然解雇された
  • 解雇の通知はアッパーカットを食らわせたようなもの-弁護士
Visitors arrive at the headquarter offices of Societe Generale SA in the La Defense business district in Paris, France, on Tuesday, July 12, 2016. Cities across Europe are eyeing the spoils of the British referendum result, making a pitch to businesses large and small that want to secure access to the single market of the remaining 27 countries of the EU.
Photographer: Christophe Morin

フランスの銀行、 ソシエテ・ジェネラルでかつて「今年の女性」に選ばれた元幹部のゼーナ・ビニエ氏が、解雇によって苦痛を受けたとして同行をパリの雇用審判所に提訴した。

  ソシエテで公的部門オリジネーション責任者だった同氏は、上司とコンプライアンス担当者らによる嫌がらせを受け、2016年に突然解雇されたという。解雇されてから3年がたってもまだ燃え尽き症候群で苦しんでいると主張し、520万ユーロ(約6億6000万円)の支払いを求めている。

  同氏の代理人のバレリー・メームンアヤ弁護士は11日の審問で、「ビニエ氏は人生のほとんどをソシエテに捧げた」とし、「解雇の通知は同氏にアッパーカットを食らわせたようなものだった」と訴えた。ビニエ氏は性差別を主張してはいない。

  同氏は21歳だった2006年に、ソシエテの「今年の女性」に選ばれた。2000年代に公的部門オリジネーションの部署を立ち上げ、ギリシャの債務再編にも携わった。

  ソシエテの担当者はコメントを控えている。

原題:Ex-SocGen Woman of the Year Sues for $6 Million After Firing (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE