コンテンツにスキップする

トランプ氏には勝利が必要「今や必死」とコーン氏-米中通商協議で

  • 「大勝利と主張できるような未解決の大きな問題は中国だけ」と同氏
  • 貿易赤字の削減、交渉中の議題の中では比較的取り組みやすい
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Al Drago/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Al Drago/Bloomberg

米銀ゴールドマン・サックス・グループの元社長で、トランプ大統領の下で米国家経済会議(NEC)委員長を約1年務めたゲーリー・コーン氏は、米中の通商協議について、米政権は合意を得ようと「今や必死」になっているとの見解を示した。

Key Speakers At The Group Of 30 International Banking Seminar

ゲーリー・コーン氏

写真家:Olivier Douliery / Bloomberg

  コーン氏はフリーコノミクスとのインタビューで、「大統領は勝利を必要としている」と語った。ポッドキャストでの発言内容のテキストが13日に公表された。同氏のコメントは、合意を急いでおらず、交渉の席を立つ用意があるとしたトランプ大統領の発言とは対照的だ。

  コーン氏は、対中貿易では中国による知的財産権の窃盗と著作権侵害をいかに防ぐかが最大の問題だと指摘。「株式市場に大きな影響を与えると大統領が期待し、大勝利と主張できるような現時点の未解決の大きな問題は、中国案件の解決だけだろう。貿易赤字を減らすことは簡単だと決して言えないが、交渉のテーブルにある問題の中では比較的取り組みやすい」と語った。

  コーン氏はまた、米連邦準備制度理事会(FRB)議長に自分は全く適任でないと述べる一方、いつか米財務長官に就任する機会を与えられれば、受け入れる可能性を否定しなかった。
  

原題:Cohn Says U.S. Is ‘Desperate’ to Sign Trade Agreement With China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE