コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国経済、さらに減速-1~2月の工業生産は伸び悩み

更新日時
  • 工業生産は前年同期比5.3%増、予想5.6%増
  • 1-2月の小売売上高は8.2%増加と市場予想と一致
People walk up a flight of stairs as a Chinese flag is displayed at a border crossing facility in the Sha Tou Jiao Port of Shenzhen, China, on Friday, May 18, 2018. China’s growth this year shows no signs of slowing, despite rising tensions with the U.S. over trade and disappointing economic data in May, according to a Bloomberg survey.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国経済が1-2月に一段と減速した。失業率も大幅に上昇し、当局の追加刺激策への期待が高まった。

  国家統計局が14日発表した1-2月の工業生産は前年同期比5.3%増。予想の5.6%増を下回り、年初としては2009年以来の小幅な伸びとなった。小売売上高は同8.2%増加と市場予想と一致したが、少なくとも12年以来の低い伸び。

  1-2月の都市部固定資産投資は前年同期比6.1%増。2018年通年の5.9%増から伸びが拡大した。

Although real-estate investment spikes
  • 2月末の失業率は5.3%と、昨年12月の4.9%から上昇し、2年ぶりの高水準となった
  • 不動産投資は11.6%増と、14年11月以来の大きな伸び
  • ナットウェスト・マーケッツのアジア担当ストラテジスト、リウ・ペイチエン氏(シンガポール在勤)は、「今回のデータは景気の底入れにさらに時間がかかることを意味している。投資の回復にもかかわらず、工業生産と消費は依然として圧迫されている」と指摘。また、政策当局は常に雇用を最優先しているため、失業率の悪化は追加緩和策が講じられる可能性を示唆していると述べた

原題:China’s Economy Weakens Further as Factory Output Decelerates(抜粋)
China’s Slowdown Raises Unemployment While Recovery Signs Emerge(抜粋)

(詳細や市場関係者のコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE