コンテンツにスキップする

中国株:企業幹部・株主が利益確定の売り-小口投資家の追随警戒も

  • 13日の中国株式市場で主要株価指数は軒並み下落
  • 「株高のモメンタムをそぐことになる」-凱基証券の陳浩アナリスト

中国株式市場での年初来での株高を受け本土上場企業の幹部や大株主の一部が利益確定の売りに回っており、これまでの上昇の勢いが続くか疑念が生じている。13日は主要株価指数が軒並み下落した。

  通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)は12日、同社の経営権を握る株主が保有するZTE株を減らし上場投資信託(ETF)に投資すると発表したが、それまでZTE株は年初来で59%上げていた。ZTEの株価は13日、前日比7.8%安となり、5カ月で最大の下げ。

  今年に入り3倍ほどの水準に値上がりしていた畜産の湖南新五豊は11日に同社2位の株主による持ち株売却計画を発表。13日は5%安となった。

China's small caps have roared ahead in 2019

  13日の取引ではテクノロジー銘柄・小型株から成る創業板(チャイネクスト)指数が前日比4.5%安と、昨年10月以来の大きな下落率を記録。ただ政府や監督当局が支援姿勢を強めていることから年初来では35%上げている。

  凱基証券の陳浩アナリスト(上海在勤)は企業幹部や大株主による売りについて「相場には確実にマイナスだろう。株主が持ち株を減らす計画なら、小口投資家も続くだろう。株高のモメンタムをそぐことになる」と述べた。 

原題:China Insiders Are Selling Stakes After Mammoth Rally in Shares(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE