コンテンツにスキップする

ゴールドマン:英EU離脱延期ならポンドは3年ぶり高値にも

  • 延期なら「ソフトな結果」に道筋整う、関税同盟残留や国民投票など
  • 5月下旬か6月上旬までの短期の延期を予想-ゴールドマン

ゴールドマン・サックス・グループは、英国の欧州連合(EU)離脱が延期されれば英・EUがより緊密な関係を維持する展開への扉が開かれ、ポンドにとってプラスだとの見方を示した。

  離脱延期の動きが「よりソフトな結果」への道筋を整えれば、ポンドは1ユーロ=80ペンスと2016年の国民投票以来見られなかった水準に向かう可能性があると、ゴールドマンがリポートで指摘した。よりソフトな結果には、関税同盟や欧州単一市場への残留、2回目の国民投票が含まれるとしている。

Extension to Article 50 could pave the way for a rally in the pound, Goldman says

  ゴールドマンのストラテジスト、 ジョージ・コール氏は、 「英国がEU離脱への長い移行期に入れば、ポンドに『合意配当』が生じると引き続きみている」とし、「当社のモデルは、ユーロ・ポンド相場に5%程度の離脱関連プレミアムが埋め込まれていることを示唆している」と記述した。

  英議会は合意なき離脱を容認するかについて13日に採決し、それを排除する採決結果となれば離脱延期をEUに求めるかどうかを14日に採決する。ゴールドマンは5月下旬か6月上旬までの短期の延期を最もあり得るシナリオとみている。

原題:Goldman Sees Pound Rally to Three-Year High If Brexit Delayed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE