コンテンツにスキップする

英政府:合意なき離脱なら輸入品の大半を無税に、暫定関税措置を発表

  • 金額ベースで87%の輸入品を無税に、自動車や乳製品などには関税
  • アイルランド島内の通商は完全に免税、検問所は不要に

英政府は合意なく欧州連合(EU)を離脱した場合、輸入品の大半に関税を課さない方針だ。政府が13日、関税措置について暫定案を発表した。

  政府はまた、アイルランドから北アイルランドへの輸入品については一切関税を課さない意向を示した。アイルランド島の国境に検問所を必要としない「一時的かつ一方的なアプローチ」を講じる。

  政府が発表した暫定関税措置によると、金額ベースで87%の輸入品を無税とし、現在の同80%から引き上げる。一部の肉や乳製品、自動車など残りの品目は国内産業保護のため関税対象となるが、EUから輸入される自動車部品は関税対象リストに含まれていない。

  政府は同措置を「均衡の取れたアプローチ」だとして、合意なき離脱で想定されるポンド安や輸入コスト上昇に伴う物価急騰の相殺を狙ったものであると説明した。

原題:U.K. Won’t Apply Tariffs on Most Goods in a No-Deal Brexit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE