コンテンツにスキップする
Photographer: Stephen Brashear/Getty Images North America

香港やインド、NZに広がる-ボーイング737MAX運航停止措置

RENTON, WA - MARCH 11: A 737 MAX airplane is pictured on he tarmac with its signature winglet and fuel efficient engines outside the company's factory on March 11, 2019 in Renton, Washington. Boeing's stock dropped today after an Ethiopian Airlines flight was the second deadly crash in six months involving the Boeing 737 Max 8, the newest version of its most popular jetliner. (Photo by Stephen Brashear/Getty Images)
Photographer: Stephen Brashear/Getty Images North America

ボーイングの新型旅客機737MAXの運航停止措置が世界的に広がっている。米連邦航空局(FAA)は2度にわたる墜落事故後も運航停止を正当化する安全性の問題は見当たらないとの見解を12日夜にあらためて発表したが、欧州連合(EU)やインド、香港などが相次ぎ停止措置を講じている。

  香港の民航処は声明で、ボーイング737MAXの飛行を香港時間13日午後6時(日本時間同7時)から一時的に禁止すると発表。インドは国内航空会社を対象に運航停止を命じていたが、全ての737MAXがインド空域内に入ることを禁止する。

Workers Attend The Crash Site Of Ethiopian Airlines ET302 Flight To Nairobi

墜落現場から回収された残骸

Photographer: Jemal Countess/Getty Images

  エチオピア航空が運航していた737MAX8が10日、アディスアベバ近郊で墜落し、乗員乗客157人が死亡。インドネシアのライオンエアも昨年10月、MAX8で墜落事故を起こした。

  EUの航空当局は欧州での737MAX8およびMAX9の全面的な運航停止を命じた。ニュージーランド(NZ)は同国を発着するMAXの運航を停止。ベトナムも運航停止を指示した。

原題:Hong Kong Joins Nations Banning Boeing Aircraft: 737 Max Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE