コンテンツにスキップする

香港金融当局:再び通貨買い支え、ペッグ防衛-下落圧力根強く

  • オーバーナイトで39億2500万香港ドル規模の介入
  • 先週末も15億700万香港ドル相当の香港ドル買いに動いた

香港ドルの対米ドル相場が許容変動幅の下限に達したことを受け、香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)はペッグ防衛のため、先週末に続いて香港ドル買い・米ドル売りの為替介入に踏み切った。

  ブルームバーグのHKMAページによると、許容変動幅の下限である1米ドル=7.85香港ドルまで下げた通貨を支えるため、オーバーナイトで39億2500万香港ドル(約557億円)規模の介入を実施。先週末には15億700万香港ドル相当の介入を実施したと9日明らかにしていた。

  香港ドルは現地時間13日午後0時7分(日本時間同1時7分)現在、1米ドル=7.8498香港ドル。

Hong Kong's currency again weakens to permitted level of band

原題:Hong Kong Peg Defense Hits $692 Million as Weakness Persists (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE