コンテンツにスキップする

クオンツファンドが閉鎖や縮小、ファクター投資の有効性に疑問符

  • ファクター投資の支持者は、その信念を試されている
  • 試練は場合によっては数年間続くかもしれない

クオンツファンドが好むファクター投資に、病気の症状が出ている。状況の厳しさを見ると、病状は深刻だと診断せざるを得ない。

  ファクター投資を行う著名ファンドの閉鎖が散見される中、今月はニューバーガー・バーマンがその仲間に加わる。コロンビア・スレッドニードルは昨年12月に同様の決定をした。

  他のファンドは運用資産が減っている。UCITSのマン・ニューメリック・マーケット・ニュートラル・オルタナティブ・ファンドは、2018年半ばの約3億ドル(約330億円)から、2000万ドルに縮小。AQRエクイティー・マーケット・ニュートラル・ファンドの資産は11億ドルとほぼ半減した。

Two popular factors have fared poorly over the past year

  これらは幾つかの例にすぎないが、業界全体がますます悲観的な状況になっていることが浮き彫りになり、ファクター投資が有効な戦略なのかという議論を再燃させている。最も人気の高いファクターの1つであるモメンタムは、悲惨な18年に続き今年も不調だ。

  リサーチ・アフィリエーツの株式調査責任者ビタリ・カレスニク氏は「ファクター投資のリターンが想定通りになると考えるのは誤りだ」と言う。 同社はファクター投資を手掛けていると同時に、そうした戦略を頻繁に批判もしている。「最も必要な時に分散投資の効果が表れず、複数のファクターが同時に沈没することがあり得る。数カ月連続して下落する場合もあるため、事態は悪化する」と同氏は説明した。

  実際、AQRエクイティー・マーケット・ニュートラル・ファンドは6四半期連続のマイナスリターンに向かっている。18年は12%のマイナスと設定以来の最悪を記録した。バンガード・マーケット・ニュートラル・ファンドは今年これまでで4%のマイナス。ファクター投資ファンドで最大級のメリアン・グローバル・エクイティー・アブソルート・リターン・ファンドはマイナス3%。

  これら全てについて不調の原因を見つけるのは難しいが、ファクター投資が期待ほどのリターンを上げないことは分かる。リサーチ・アフィリエーツの2月の論文でカレスニク氏を含む執筆者らは、統計的に有意な上乗せリターンを達成した人気ファクターは03年以降、1つもないと指摘した。

Stay With Me

Quant equity funds saw the largest outflows since 2016 last quarter

Source: eVestment

  ブルームバーグのデータによると、ニューバーガー・バーマンとスレッドニードルのファンドはピーク時にはそれぞれ、約1億ドルと4000万ドルを運用していた。

  ニューバーガー・バーマンの広報担当者は、規模の小ささのため戦略を追求するのが難しくなったためファンドを閉鎖すると説明。スレッドニードルも、ファンドの規模と限定的な需要を閉鎖決定の理由に挙げた。

  ファクター投資の支持者は、その信念を試されている。試練は場合によっては数年間続くかもしれない。アルファ・アーキテクトのウェス・グレー最高経営責任者(CEO)は「相対的なパフォーマンスをひどく気にしていては、アクティブなファクター投資で勝つことはできない」と話している。

原題:Quant-Fund Closures Are Giving Factor Investors a Fright (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE