コンテンツにスキップする

Tモバイルのスプリント買収案、米民主党議員が相次ぎ批判-公聴会

  • 下院司法委の反トラスト小委員会が公聴会開催
  • 新会社が競合2社と同規模になれば値下げの動機消える-司法委員長

米携帯電話事業者TモバイルUSによる265億ドル(約2兆9500億円)規模のスプリント買収計画に関する12日の米下院公聴会で、民主党議員らは大手4社のうち2社を統合する今回の計画が消費者向け料金の引き上げにつながりかねないと警告した。

House Judiciary Committee Hearing On Merger Of Sprint And T-Mobile

反トラスト小委員会のシシリーニ委員長

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  下院司法委員会の反トラスト小委員会のシシリーニ委員長(民主、ロードアイランド州)は公聴会開催に当たり、統合が値下げや競争促進に向かう道筋だという説に深い疑念を抱いていると述べた。

  Tモバイルのジョン・レジャー最高経営責任者(CEO)とスプリントのマルセロ・クラウレ会長は公聴会で、米携帯電話業界3位と4位の両社の統合により、共同で次世代通信規格「5G」のネットワークを構築でき、同業大手のAT&Tベライゾン・コミュニケーションズに対抗するより強力な競合企業が誕生すると説明した。

  レジャーCEOは、両社が「より高速かつ広範囲で奥行きの深い、真に全米規模のネットワーク」を計画していると指摘。合併新会社は「より安価で、より良いサービスを通じて」顧客を獲得すると主張した。

  下院司法委員会のナドラー委員長(民主、ニューヨーク州)は、統合の利点と主張されている部分について「もっともな懐疑心を持って」受け止められるべきだと指摘。「既に高度に集中した市場でさらに集中度を高める統合を、私は懸念する」と述べ、合併新会社は「競合する2社と同じ規模になれば、もはや値下げや消費者寄りの方針を示す動機はなくなる可能性がある」と付け加えた。

House Judiciary Committee Hearing On Merger Of Sprint And T-Mobile

ナドラー下院司法委員長

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg
House Judiciary Committee Hearing On Merger Of Sprint And T-Mobile

下院公聴会に臨んだレジャーCEOとクラウレ会長(3月12日)

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

原題:T-Mobile’s Proposed Sprint Deal Draws Criticism From Democrats(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE