コンテンツにスキップする

ボーイングCEO、大統領に電話で737MAXの安全性擁護

  • トランプ大統領:飛行機は飛ぶには「あまりに複雑」になりつつある
  • 古くてシンプルな方が良いことが多い、複雑さが危険生む-ツイート
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Joshua Roberts/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Joshua Roberts/Bloomberg

ボーイングのデニス・ムーレンバーグ最高経営責任者(CEO)は12日、トランプ米大統領が現代の航空機は複雑になり過ぎていると批判したのを受け、電話でボーイング737MAX型機の安全性を擁護した。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  エチオピア航空が運航していた737MAXが10日に墜落し、同型機では過去5カ月で2回目の墜落事故発生となった。このため、世界各地で当局が運航停止を命令する事態となっている。ムーレンバーグCEOはトランプ大統領への電話で、同型機の安全性に自信を示したと、関係者の1人は匿名を条件に話した。

Key Speakers At The U.S. Chamber Of Commerce Aviation Summit

デニス・ムーレンバーグCEO

写真家:Anna Moneymaker /ブルームバーグ

  トランプ大統領は12日にツイッターで、航空機が「飛ぶにはあまりに複雑になり過ぎている」とコメント。技術革新全般について「古くてよりシンプルな方がはるかに良いケースが多い」と続けた。さらにその後のツイートで、「複雑さが危険を生み出す」と付け加えた。

  ホワイトハウスのサンダース報道官はFOXニュースに対し大統領のツイートに関連し、「搭載されるテクノロジーが膨大でパイロットの手から力が奪われる状況について、多くの業界関係者が懸念を表明し始めていることをわれわれは承知している」と説明した。

原題:Boeing’s Muilenburg Said to Assure Trump of 737 Safety in Call(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE