コンテンツにスキップする

【NY外為】ポンド反落、メイ首相の修正後離脱案を英議会否決

更新日時
  • 英議会はメイ首相の修正後離脱案を否決、不透明感新たに
  • ドルは円とポンド除く主要通貨に対して上昇、コアインフレに注目

12日のニューヨーク外国為替市場では、ポンドがドルに対し反落。メイ英首相が欧州連合(EU)から取り付けた修正後のEU離脱案を英議会が再び否決したことで、不透明感があらためて広がった。米経済指標でコアのインフレ減速が明らかになる中、ブルームバーグのドル指数は小幅ながら3日続落。

  • ニューヨーク時間午後4時32分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%低下
    • ドルは主要10通貨の大半に対し下落、円とポンドに対してのみ上昇
    • 2月の米消費者物価指数(CPI)では食品とエネルギー除くコア指数が前月比0.1%上昇となり、市場の予想外に鈍化
  • ポンドは対ドルで0.7%安の1ポンド=1.3061ドル。一時は1%余り上昇していた
    • メイ首相がEUと成立させた修正後離脱案は反対391、賛成242で否決
    • ポンドは「議会が修正条項を通じどう動くかが14日の採決で明らかになるまで、レンジ相場になるだろう」-野村インターナショナルの為替ストラテジスト、ジョーダン・ロチェスター氏
    • 議会は13日に「合意なき離脱」を拒否した場合、14日の採決で離脱日延期を決める見通し
    • ポンドは1.3005ドルが日中安値
  • ユーロはドルに対し0.4%高の1ユーロ=1.1294ドル
    • 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が議会で中国との通商合意の見通しを控えめに話したこと、英独仏などがボーイング737MAXの運航停止命令を発表したことを受けたショートカバーを背景に、ユーロは遅い時間に日中高値に浮上
  • ドルは円に対し0.1%高の1ドル=111円29銭。薄商いの中、111円50銭の節目を下回る水準を維持
  • オーストラリア・ドルは対米ドルで上昇。金属相場の広範な上昇が背景

欧州時間の取引

  ポンドが上昇。ただEU離脱案の英議会採決が迫る中で不安定な展開となり、上げ幅を縮めた。ドル指数は3営業日続落、一時は0.2%低下となった。

原題:Pound Slides as May Loses Brexit Vote; Dollar Drops: Inside G-10(抜粋)
Pound Slides Before Brexit Vote, Dollar Declines: Inside G-10
Pound Gains Before Brexit Vote, Dollar Extends Drop: Inside G-10

(相場を更新し、情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE