コンテンツにスキップする

麻生財務相:日銀の2%物価目標、「もう少し考えを柔軟に」

  • 2%に行っていないからといって怒っている一般庶民はいない
  • 最初に目標に掲げたのでどうしてもやらざるを得ないという形に

麻生太郎財務相は12日の参院財政金融委員会で、日本銀行が達成を目指している2%の物価目標について「もう少し考えを柔軟にやってもおかしくないのではないか」と語った。共産党の大門実紀史氏への答弁。

  麻生財務相は「2%と最初に目標に掲げたのでどうしてもそれをやらざるを得ないという形になっている」と指摘。「2%に行っていないからといって怒っている一般庶民がいるか、私の知っている範囲では1人もいない」と語った。欧州中央銀行(ECB)など同じ2%目標を掲げる海外の中銀をみると「1.99%では駄目で2.0%でなくては駄目だという発想は全くない」との認識も示した。

Key Finance Ministers and Central Bank Governors Hold Briefings During The G20 Summit

麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁

Photographer: Erica Canepa/Bloomberg

  日本商工会議所の三村明夫会頭は先週のインタビューで、日銀による異次元緩和の長期化に伴い「弊害もいろいろ出てきている」と指摘。「もうそろそろ2%物価上昇にこだわらない、もう少し柔軟な金融政策をとってほしい」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE