コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

中国の地方「隠れ債務」問題、もう先送り不可能-2兆元減税控え

  • 政策銀行からの資金確保や公有資産の売却図る地方政府も
  • 地方の隠れ債務は金利が高めで、規模についての公式推計はない
A woman walks over a bridge overlooking Suzhou Creek in Shanghai, China.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

中国当局の数年にわたる金融リスク抑制の取り組みで、地方政府の「隠れ債務」が再び焦点となっている。税収が減る中で返済圧力を和らげようと、政策銀行からの借り入れや公有資産の売却を図る動きも見られる。
  
  中国東部の江蘇省や西部に位置する青海省などでは、地方政府が資金調達事業体を通じて簿外で集めた資金を含む借入金を返済ないし再編する手段を探っている。中国最大の政策銀行、国家開発銀行から安価な資金調達を目指したり、オフィスビルや住宅など公有資産の売却を急いだりする地方当局もある。

Falling Track

Government revenue growth will slow further in 2019

Source: Ministry of Finance

Note: 2019 data is estimated by Ministry of Finance

  中国政府は今年、2兆元(約33兆円)減税を行うと表明。地方の税収が減り、債務返済遅延の可能性も高まることから、地方が抱える慢性的な債務問題の解決が喫緊の課題となりつつある。地方の隠れ債務は金利が高めで、その規模についての公式推計がないという事実がこの問題を一段と複雑にしている。

  野村ホールディングスの中国担当チーフエコノミスト、陸挺氏は、多くの地方では元利払いを賄うのに十分な財源と域内総生産(GDP)を確保できず、「これ以上この問題を先送りできない」との動機付けが浮上していると指摘した。

  興業証券の試算によれば、地方政府の簿外借入金の一部にすぎない資金調達事業体の債務で、今年返済が必要となる額は2兆3000億元に達する可能性がある。

原題:China Seeks to Defuse Its $4.5 Trillion Local Hidden Debt Bomb(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE