コンテンツにスキップする

ボーイングの危機拡大、シンガポールと豪州も737MAX運航停止

更新日時
  • シンガポールやオーストラリアが運航停止決める
  • 韓国のイースター航空も13日から停止、安全確認されるまで
relates to ボーイングの危機拡大、シンガポールと豪州も737MAX運航停止

米航空機メーカー、ボーイングの危機は深まるばかりだ。737MAX機の5カ月で2回目の墜落事故を受け、シンガポールやオーストラリアの当局も同機種の運航停止を決めた。

   米連邦航空局(FAA)は737MAXについて耐空性要件を満たすとの判断を示したものの、南米やアジア諸国の航空会社や当局はリスクを排除しようとしている。オーストラリア当局はシンガポールに続いて同機種の運航停止を命じた。

  さらに韓国のイースター航空も12日、737MAX8の運航停止を決定。韓国国土交通省が発表した。運航停止は13日からで、安全が確認されるまで継続される。

Singapore SilkAir Boeing 737 MAX8

シルクエアの737MAX8機

写真家:Wong Maye-E / AP Photo

原題:Boeing Crisis Grows as 737 Max Blocked From Singapore, Australia(抜粋)
S. Korea’s Eastar Suspends Flights With Boeing 737 Max Aircraft

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE