コンテンツにスキップする

19年は徹底的に米国債ロング-クオンツ運用のアルファシンプレックス

  • 昨年10-12月期は「債券に対してとても弱気だった」
  • 10年物米国債利回りは2.64%前後と2カ月ぶり低水準に近い

米国債を徹底的に買うべき時だ。

  これが、クオンツ運用のアルファシンプレックスのチーフ調査ストラテジスト兼ポートフォリオマネジャー、カスリン・カミンスキ氏の意見だ。同氏とそのチームが使用する統計トレンドが、連邦準備制度のより中立的政策への転換を含む強気の背景とともに、2019年の見通しの根拠になっている。

  カミンスキ氏はニューヨークでの8日の討論会で、昨年10-12月期は「債券に対してとても弱気だった」と語った。しかし今年は米国債に対し「非常に強気」に転じ、主に先物でのロングポジションを通じてこの見解に基づいた投資をしていることを明らかにした。

Firm's models point to lower rates

  10年物米国債利回りは2.64%前後と2カ月ぶり低水準に近い。世界経済の成長減速が複数の中央銀行からハト派的シグナルを引き出す中で利回りは昨年10月の3.26%から低下してきた。昨年末の利回りは2.68%。

  カミンスキ氏によると、アルファシンプレックスのマネージドフューチャー戦略は2年債と5年債 、10年債 、そして超長期債の先物でロングポジションを組んでいる。同社モデルは目先の利回り低下を示唆していると同氏が11日の電子メールでコメントした。

  ナティクシス・インベストメント・マネジャーズの関連会社であるアルファシンプレックスは、マサチューセッツ工科大学のアンドルー・ロー教授が始めたヘッジファンドで、統計的モデルとクオンツ戦略に基づいて運用する。

原題:Quant Manager AlphaSimplex Goes Long Treasuries in View for 2019(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE