コンテンツにスキップする

日産・ルノー・三菱自が新会議体、合議制に-ゴーン体制決別へ

更新日時
  • ウィンウィンで本当の対等な関係を-3社首脳が日産本社で会見
  • ルノー会長は会議体の議長に、「日産会長になろうと思わない」

日産自動車と仏ルノー三菱自動車は12日、3社連合(アライアンス)の戦略を担う新たな組織「アライアンスオペレーティングボード」を設立すると発表した。カルロス・ゴーン前会長が強い権限を持って主導してきたアライアンス体制から決別し、3社のトップで構成する新たな会議体によって意思決定する仕組みへと改める。

  アライアンスボードは、日産の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)、三菱自の益子修会長CEO、ルノーのジャンドミニク・スナール会長とティエリー・ボロレCEOの3社トップ4人で構成する。ボードの議長はスナール会長が務める。4人は同日夕、横浜市内の日産本社で共同会見を開き、方針を説明した。

  会見でスナール会長は「さらに新しいステップに踏み出す。アライアンスの新たなスタートだ」と述べた。その上で「瞬時に大きく効率性を上げていきたい」として「大きく組織を簡略化する」との考えを示した。日産の西川社長は「名実ともに対等な関係でアライアンスを運営する」と語った。

Nissan, Renault and Mitsubishi Motors Heads Hold News Conference as Ghosn Seeks to Regain Clout

会見中に笑みをみせる、ルノーのスナール会長と日産の西川社長

Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

  従来は、日産とルノーの合弁でオランダ・アムステルダムにある「ルノー日産BV(RNBV)」や、同じく日産と三菱自の合弁会社である「日産三菱BV(NMBV)」がアライアンスの統活会社だったが、新しいアライアンスボードはこれらに置き換わり、運営やガバナンス(企業統治)を監督する唯一の機関となる。

  また、3社が交わした覚書には、スナール会長が日産の取締役会副議長に適した候補者であると想定されると記されている。ゴーン被告の解職以来、空席となっている日産の会長職については日産ガバナンス改善特別委員会の提言を待つとしたが、スナール会長は「会長になろうとは思っていない」とし、「日産の独立性を尊重したい」と述べた。日産とルノー間の資本構成の見直しについては「この日の発表のポイントではない」としてコメントを控えた。

  マッコーリー証券のアナリスト、ジャネット・ルイス氏は、スナール会長は資本構成を見直す議論よりもアライアンスの運営改善や成果を出すことを優先させたとの見方を示した。

取締役会出席できず

  RNBVについては、ゴーン被告による不正の温床になっていた可能性があるとして日産とルノーが共同で調査している。日産と三菱自は、ゴーン被告がNMBVから10億円の不正報酬を受け取っていたと指摘していた。

  アライアンスのウェブサイトによると、グループ全体で昨年1076万台の車を販売。世界で122の生産拠点を持ち、45万人超の従業員を雇用するなどトヨタ自動車や独フォルクスワーゲンと世界首位を争う自動車グループを形成している。

  昨年11月の最初の逮捕以来勾留されていた東京拘置所から先週保釈されたゴーン被告は、この日の日産取締役会への出席を希望していたが、東京地裁は許可しないことを決定した。

  ゴーン被告の広報担当者によると、地裁が取締役会出席を認めなかったことについてゴーン被告は「失望している」とした上で、同被告を取締役に選出した株主に対して「職業的な義務を全うするための準備ができている」と述べた。根拠のない容疑により、過去約20年間にわたって尽くしてきた会社に対して自分のアイデアや考え方を展開する機会が阻まれたことは残念だとした。

  ゴーン被告の弁護を担当する弘中惇一郎弁護士は12日夕、報道陣に対して同被告が日産のリーダーシップを心配していたことを明らかにした。保釈後初の記者会見は同被告の体調と準備が整ってからとし、開かれるとしても来週以降で日程は決まっていないとした。

3社首脳の主な発言
日産・西川社長
  • 3社がウィンウィンのコンセンサスベースで仕事をする本当の意味での対等な協力関係の会議体
三菱自・益子会長CEO
  • 技術、ビジネスモデル、価値観の変化にアライアンスの力を結集して立ち向かって行きたい
ルノー・スナール会長
  • アライアンスが新しい時代に入っていくスピード感は世の中の人々に驚かれるはずだ
(会見の内容や背景情報を追加しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE