コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

アップル株を「買い」に引き上げ、押し目が好機ーBofAメリル

  • アップルに対して「強気になる10の理由」がある
  • サービス部門の再加速やユーザー層増加などの要因を挙げた
Apple Inc. iPhone XR and iPhone XS smartphones
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチは、米アップルの投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた。同社に対して「強気になる10の理由」があると指摘。また、目標株価を180ドルから210ドルに引き上げた。

  11日の米株式市場でアップル株は前週末比3.5%高で取引を終了し、昨年12月以来の高値となった。

Apple hit its highest since December after BofAML turned bullish

  BofAメリルはアップルに強気になる10の理由として、バリューエーション(株価評価)、同社のサービス部門の再加速、ユーザー層の増加などの要因を挙げた。アップルは「極めて忠実なユーザー層」を抱え、「解約が少ないほか、人口動態の変化もアップルに有利となっている」とアナリストのワムジ・モハン氏が指摘した。

  アップル株は1月の安値から20%余り上昇しているものの、昨年10月に付けた上場来高値を大きく下回ったままで、この押し目が「好機になる」と、BofAメリルは指摘した。

原題:Apple Upgraded at BofAML as Pullback Presents Opportunity (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE