コンテンツにスキップする
Photographer: Cristobal Olivares/Bloomberg

オリンパスが敗訴-ウッドフォード元社長の年金巡る英訴訟で

  • オリンパス側は2人の幹部が年金増額を共謀したと主張していた
  • オリンパスがウッドフォード氏に支払う年金額は約96億円
An Olympus Corp. CV-170 videoscope processor sits inside a surgical room at the Mario Sanchez Vergara Hospital in La Calera, Chile, on Wednesday, Jan. 16, 2019. After hyperinflation under Venezuelan President Nicolas Maduro slashed once-robust salaries and drained medical supplies and equipment, an exodus of more than 22,000 doctors from the country is now closing a healthcare gap across Latin America.
Photographer: Cristobal Olivares/Bloomberg

オリンパスは、マイケル・ウッドフォード元社長への年金支給を阻止するために英国で起こした訴訟で敗訴した。ウッドフォード氏は不正会計や粉飾を告発した後、2011年に社長を解任され、12年に和解していた。

  オリンパスの英子会社キーメッドはウッドフォード氏と元同僚ポール・ヒルマン氏を相手取った訴訟をロンドンの裁判所に提起した。訴えによると、これら2人の幹部が年金を増やそうと共謀し、その計画を取締役会から隠そうとした。ウッドフォード氏の年金額は約6500万ポンド(約96億円)という。

  キーメッドの広報担当者は電子メールで配布した文書で「裁判の結果に失望しており、われわれに取り得る法的選択肢を検討している」とコメントした。ウッドフォード氏も電子メールでコメントを発表し、判事がキーメッド側の主張を退けたことをうれしく思うなどと述べた。

原題:Olympus Loses Bid to Revoke Ex-CEO’s $84 Million Pension (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE