コンテンツにスキップする

米鉄道ジェネシー&ワイオミング、身売り含む選択肢を検討中-関係者

  • ジェネシー株は一時11%高と急伸-終値は9%高の87.53ドル
  • 加ブルックフィールドなど買い手候補と初期段階の協議を開始

米鉄道持ち株会社、ジェネシー・アンド・ワイオミングは、同社全体もしくは部分売却を含む戦略的選択肢を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  同社は金融アドバイザー1社と共に作業を進めており、カナダの資産運用会社ブルックフィールド・アセット・マネジメントや他の複数のインフラ投資会社などの買い手候補と初期段階の協議を開始している。関係者が情報は非公開だとして匿名を条件に語った。

  ジェネシー株は今年、8日までに8.5%上昇していたが、週明け11日は一時11%高と急伸。終値は9%高の87.53ドルだった。この日の上昇で、ブルームバーグの調査対象アナリストの12カ月目標株価の平均(83ドル)を上回った。他の鉄道株も上昇し、米カンザスシティー・サザンは3%、加カナディアン・ナショナル・レールウェイは1%、それぞれ上昇した。

  ジェネシーの担当者はこれまでのところコメント要請に応じていない。ブルックフィールドの担当者はコメントを控えた。

  コネティカット州を本拠とするジェネシーは北米、オーストラリア、欧州・英国で8000人の従業員を抱える。時価総額は約49億ドル(約5460億円)。

原題:Genesee & Wyoming Is Said to Explore Options Including Sale (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE