コンテンツにスキップする

トランプ米政権、4.7兆ドルの予算教書発表-議会の拒否は必至

  • 財政赤字は10年以上、国家債務増大-国防費増加、壁建設に追加予算
  • 環境保護局の予算は31%減少、国務省や農務省もカット
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Al Drago/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Al Drago/Bloomberg

トランプ米政権は11日、4兆7000億ドル(約523兆円)規模の2020会計年度(19年10月-20年9月)予算教書を発表した。国内の裁量的経費を過去最大級の幅で削減する一方、国防費の増大やメキシコ国境の壁建設のための追加予算86億ドルを要求している。

  予算教書では、年間の財政赤字が向こう10年以上続き、国家債務も増加すると見込んでおり、議会が拒否するのは必至だ。大統領と議会との対立が深まり、秋に再び政府機関が閉鎖される恐れもある。

  予算教書では国防を除く裁量的経費を5430億ドルとしており、前年度の5970億ドルから540億ドル(9%)削減するよう求めている。災害救援資金を考慮に入れた場合は、削減幅は280億ドル(4.6%)となる。

  特に大きく影響を受けるのは環境保護局(EPA)や国務、エネルギー、運輸、農務の各省。EPAの予算は昨年12月の水準から、31%減となる。このほか国務省は23%減、住宅都市開発省でも16%削減される。

原題:Trump’s $4.7 Trillion Budget Headed for Rejection by Congress(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE