コンテンツにスキップする

加バリック:ニューモントへの敵対買収案を撤回、合弁事業を設立へ

カナダの産金大手バリック・ゴールドは11日、米同業ニューモント・マイニングに提示していた178億ドル(約1兆9780億円)の敵対的買収案を撤回し、代わりに両社がネバダ州で手掛ける開発プロジェクトに関連する合弁事業を設立すると発表した。

  バリックは全額株式交換方式での買収案を提示していた。実現した場合、産金で世界最大手企業が誕生していた。

  ニューモントの取締役会は買収案を拒否し、ニューモントのゲーリー・ゴールドバーグ最高経営責任者(CEO)が両社にとって恩恵を享受できる代替案として合弁事業を提案した。新合弁事業はバリックが61.5%、ニューモントが38.5%を保有する。

原題:Barrick Ends Hostile Bid for Newmont, to Form Joint Venture (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE