コンテンツにスキップする

モルガンS:ゴルディロックスシナリオ、市場は織り込み過ぎ

インフレ圧力が見られないまま世界的に経済成長が安定し、主要中央銀行が今後24カ月間政策を据え置く可能性はある。しかし、このシナリオを市場は過度に織り込んでいると、モルガン・スタンレーは指摘する。

  一方で、中国の景気刺激策で世界の成長がさらに強く持ち直す、あるいは1-3月(第1四半期)業績の顕著な弱さが市場に一段と大きな影響を及ぼしたといった「テール」リスクに関しては投資家は過度に否定的だと、アンドルー・ シーツ氏率いるストラテジストは分析した。

  ストラテジストは10日のリポートで、「市場は中心的なシナリオにあまりに自信を持ち過ぎている」と記述。底堅いがインフレ圧力を伴わない成長のシナリオである「ゴルディロックスを受け入れてはならない」と記した。

relates to モルガンS:ゴルディロックスシナリオ、市場は織り込み過ぎ

  同ストラテジストらはドルの循環的なピーク、新興国資産のアウトパフォーマンスなど、大きな市場の反転を見込んでいると指摘。債券のボラティリティを購入することも勧めた。

  今年は「マクロの転換点を迎えるだろう」とし、「成長やインフレ、政策期待にわたる、市場にまつわるあらゆる部分で問題が想定される」と記した。

原題:Morgan Stanley Says Market Is Overpricing Goldilocks Scenario(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE