コンテンツにスキップする

サウジ、合意以上の規模での減産を4月も継続-当局者

  • 日量1000万バレルを大幅に下回る生産を計画-3月と同ペース
  • 3月の日量生産は2月から50万バレル減少

サウジアラビアは合意以上の規模での減産を4月も続けると、同国の政策に詳しい当局者が明らかにした。2カ月連続で需要を大幅に下回る供給となる。

  原油価格は石油輸出国機構(OPEC)加盟国の多くが政府支出をカバーするのに必要な水準を下回ったままで、原油の価格決定力を回復したいサウジの決意がうかがわれる。

  内部協議だとして匿名で語った同当局者によると、サウジは4月に日量1000万バレルよりもはるかに少ない生産を計画しており、これは3月と同じペースの減産。今月の日量生産は2月から50万バレル減らしている。サウジは昨年、OPECおよびロシアを含むパートナー諸国との間で、1日当たりの生産上限を1031万バレルとすることに合意した。 

  製油業者がサウジに4月分として要請する原油供給量は日量760万バレル以上だが、同国はこれを63万5000バレル下回る700万バレル弱を供給する方針だと、関係者は述べた。

Saudi Arabia has sharply cut its oil production in recent months

原題:Saudi Arabia Is Said to Extend Deep Oil Output Cuts Into April

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE