コンテンツにスキップする

クーレ理事、ECBの最新パッケージは政策の180度転換ではない

  • 「現時点で」リセッションの兆候見当たらず-減速自体は驚きでない
  • 量的緩和はECBの政策手段の1つだが、再開の必要はない

欧州中央銀行(ECB)が市中銀行向け長期資金供給の再開を決め過去最低の現行金利を据え置く期間の延長を発表したのは、当局者らが政策を転換させたことを意味しないと、クーレ理事が述べた。

  クーレ理事は11日のイタリア紙コリエレ・デラ・セラとのインタビューで、政策委員会の7日の決定を擁護し、予想よりも早く訪れた景気減速に対応しているだけだと説明した。減速自体は驚きではなかったとも述べた。当局は「現時点で」リセッション(景気後退)の兆候があるとは考えていないとし、インフレ率は最終的には中銀が目指す2%弱の水準に達するだろうが、そうなるまでの時間は長くなるだろうとの見方を示した。

  「ユーロ圏の成長が潜在成長率に向けて調整していくと考えている」とし、7日の決定は「政策の反転ではなく、この診断に合わせて注意深く微調整したものだ」と語った。

  量的緩和(QE)プログラムを再開する必要はないとし、「経済成長は以前より弱まったが堅調だ」と述べた。QEは今や、ECBの政策手段の1つだとも述べた。

原題:Coeure Says ECB Not Reversing Course on Policy With New Package(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE