コンテンツにスキップする

テスラのマスクCEO、SEC主張の侮辱罪を巡り裁判所に釈明へ

  • マンハッタンの連邦地裁判事は11日までに釈明するよう求めている
  • テスラ株売買の理由になるほど重要な情報ではなかったと主張の公算

米電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、ツイートを巡り裁判所命令に違反したと米証券取引委員会(SEC)が主張している問題で、寛大な判断を判事に求める方針だ。しかし、専門家はマスク氏が何らかの処分を免れるのは難しいのではないかとみている。

  テスラの生産台数についてのマスク氏の2月のツイートが先の和解合意に違反しているとして、SECは同氏を法廷侮辱罪に問うよう裁判所に求めた。これを受けてマンハッタンの連邦地裁のアリソン・ネーサン判事はマスク氏に、11日までに釈明するよう求めている。

  マスク氏は昨年の株式非公開化に関するツイートを巡り、2000万ドル(現行レートで約22億2000万円)の支払いと会長職辞任、テスラに関してソーシャルメディアに投稿する際はいわゆる「ツイッターシッター」と相談することを命じられた。

  テスラ創業者で筆頭株主のマスク氏は今回のツイートについて、新たな情報を開示したわけではなく、合理的な投資家がテスラ株を売買する理由になるほど重要な情報ではなかったと主張し、テスラにとって有害となる処分を自身に科すべきではないと論じる方針を示唆している。

原題:Musk Twitter Fight Goes to Court Again on SEC Contempt Charge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE