コンテンツにスキップする

パウエルFRB議長:1月の小売売上高、増加に転じるか注視へ

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、昨年12月に予想外の大幅減となった小売売上高について、11日に発表される1月のデータで反転が示されるか金融当局として注目すると述べた。

  パウエル議長は10日放送のCBSの番組「60ミニッツ」とのインタビューで、「もちろんそれを注視する」とコメント。12月のデータについては、「ホリデーシーズンには、比較的健全な水準の支出を伝える他の多くのリポートがあったことから、サプライズだった」と語った。

Retail sales data came in surprisingly weak at the end of 2018

  12月の小売売上高は前月比1.2%減と、低失業率や賃金上昇、経済的に健全と見受けられる消費者の動向などを踏まえると予想外の数値となった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では、1月の小売売上高は前月から横ばいとの予想が示されているが、予想レンジは前月に続く大幅減から1.4%増と幅がある。

  米金融当局は後者の見通しに傾いている様子だ。パウエル議長は「支出は1月に増加に転じたとの証拠もあり、見てみることになる」と話した。CBSによれば、インタビューは5日に行われた。

パウエル議長:政策金利は適切、変更急ぐ理由ない-CBSに語る

原題:Powell Says Fed Will Watch January Retail Sales Data for Rebound(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE