コンテンツにスキップする

ゴールドマンがドル取引で失敗-今は対円のドル売り持ち勧める

  • 米金融当局がハト派論調強めるとの読みは当たった
  • 7日のECB発表後、損失拡大回避のためのストップロス執行
relates to ゴールドマンがドル取引で失敗-今は対円のドル売り持ち勧める

ゴールドマン・サックス・グループは米金融当局がハト派論調を強めるとの見通しを巡り、読みが半分当たったものの、ドルの取引で失敗した。そこで、今は別の戦術を試みている。

  最近までドル指数 (DXY)の売り持ちを勧めていた同社だが、7日に損失拡大回避でポジションを解消するストップロスが97.50の水準で執行された。欧州中央銀行(ECB)の政策発表を受けての動きだった。これは1.4%の潜在的な損失になると、ザック・パンドル氏ら同社ストラテジストが8日遅くのリポートに記述した。

  現在勧める戦術的な取引は円に対してドルを売り持ちすることという。

U.S. Dollar index DXY reached a YTD high this week

  ゴールドマンが勧めたDXYの取引は、政策軌道の変化を示唆したと思われたパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の1月上旬のスピーチ直後に開始された。米当局の論調の変化は基本的にゴールドマンの予想通りとなったが、同時に他の主要国・地域の成長が想定外に下振れし他の中央銀行もハト派色を強めたとストラテジストらは説明。このため、ドルが比較的高いままとなった。

  「現在のデータの状態から恩恵を受けるのは主に円である公算が大きいとみられる」とストラテジストらは記述。「引き続きドル安を予想しているが、この見方を支えるようなデータが出るとしても、世界の成長に悲観的な市場では、対ユーロの比重が大きいこともあり、ドル指数の下落実現には時間がかかるだろう」と分析した。

  ECBは7日に経済見通しを引き下げ緩和措置拡大を発表。ドル指数は同日、年初来の高値に達した。

  一方、円について強気の見方を示すストラテジストやエコノミスト、ファンドマネジャーは多い。ゴールドマンは現在、1ドル=108円を目標に円に対してドルを売り持ちとする取引を勧めている。ドル・円相場は8日、111円16銭で終了し、あと3%下落する必要がある。

USD/JPY in 2019

原題:Goldman Cops to Misstep on Dollar Call, Eyes Yen Trade Instead(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE