コンテンツにスキップする

債券投資家、米当局の量的緩和再開の可能性ささやく

  • 米当局は20年に債券購入再開する可能性-タヌッツォ氏
  • 米経済が1、2年以内にリセッション入りと予想-アテベリー氏

債券ファンドの運用者らは米連邦準備制度が量的緩和(QE)を再導入する可能性についてささやき始めた。前回の米利上げから3カ月もたっていないが、世界経済の成長鈍化に対する懸念の大きさが浮き彫りになっている。

  コロンビア・スレッドニードルのジーン・タヌッツォ氏は、リスクの高まりで世界の中央銀行がより緩和的な政策へと方向転換し、米当局が2020年に債券購入を再開する可能性が高まっていると指摘する。ファースト・パシフィック・アドバイザーズのトマス・アテベリー氏は米経済が1、2年以内にリセッション(景気後退)に陥ると予想、QE再開見通しの下に残存期間3-4年の米国債を買っている。10-15年で償却される住宅ローンも購入しているという。

  短期債のトレーダーらは既に、2020年は利下げの可能性が最も高いとみている。しかし、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は現在2.25-2.5%のため、当局にはそれほど利下げ余地がない。サンフランシスコ連銀のデーリー総裁は先月、次の景気減速時には資産購入を最後の手段としてではなく、より定番の政策ツールとして活用する可能性があると語った。

  タヌッツォ氏は「世界の情勢は引き続きかなり懸念される状態だ」とし、「欧州はリセッションの瀬戸際にあるかもしれず、中国は10年ぶりの低成長。これが続けば米経済に影響が出るのは必至で、20年にはQEがあるかもしれない」と語った。

QE talk grows louder as Fed pause puts bond investors on alert

参考記事:米雇用統計:2月は2万人増、1年余りで最小-時給は伸び加速 (1)
ECB、経済見通し大幅下方修正-景気刺激で追加措置
OECD、世界経済見通しを再び下方修正-政策の不確実性や貿易摩擦
中国:19年成長目標引き下げ、VAT減税-経済減速対応に軸足 (2)

原題:Bond Investors Are Daring to Whisper About a Return to Fed QE(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE