コンテンツにスキップする
Photographer: Tomohiro Ohsumi/

中国経済成長率、年平均1.7ポイント水増しと論文が指摘-2008~16年

  • ブルッキングズ研究所がシカゴ大と香港中文大の研究者論文草稿公表
  • ブルームバーグ・エコノミクスのオーリック氏は論文の結論に慎重
A woman holding balloons walks near Oriental Pearl Radio & TV Tower, left, and other commercial buildings at dusk in the Lujiazui district of Shanghai, China, on Thursday, April 23, 2015. China's gross domestic product expanded 7 percent in the three months through March from a year earlier.
Photographer: Tomohiro Ohsumi/

中国は2008年から16年まで9年間の経済成長率を平均で年1.7ポイント過大に発表していたとの研究報告を、香港中文大学と米シカゴ大学の研究者がまとめた。

  米ブルッキングズ研究所が公表した論文草稿で執筆者らは、成長と投資の目標を達成すれば高い評価を得られる地方政府による報告が成長率の水増しにつながったと分析。中国国家統計局はそうした統計操作を認識し、地方からの数値を調整しているが、2008年以降はそれほど十分に調整を行っていなかったとしている。

relates to 中国経済成長率、年平均1.7ポイント水増しと論文が指摘-2008~16年

From the conference paper "A Forensic Examination of China’s National Accounts"

 

  「08年の後、地方の統計は数値をますます不正確に伝えるようになったが、国家統計局の調整ではこれに応じた変更がなかった」と論文は説明。その代わりに税収や電力消費、鉄道貨物動向、輸出入などごまかしにくい数字を基に中国全体の年間国内総生産(GDP)を予測するようになったという。

  研究者らは、見直した後の数値は「08年以降の中国成長鈍化が公式統計が示唆するよりも深刻だったことを示している」と指摘している。

  国家統計局にコメントを求めたが今のところ返答はない。

  ブルームバーグ・エコノミクスのチーフエコノミストで中国経済指標に関する著書もあるトム・オーリック氏は、この論文の結論について「慎重」な見方をしている。

  国家統計局は1990年代以降、地方による誇張の影響を排除する「確固たる努力」をしており、地方当局が投資を過大に報告していたとの執筆者の主張は、中国の設備投資は拡大し過ぎているとの広範な論調と整合性がないと同氏は指摘。論文執筆者は税収を基にして「本当」のGDP成長率を推計したが、そこにはサービスセクターが大きめに反映されている可能性があり、他の指標に比べて正確だと言うことはできないと論じた。

原題:China’s GDP Growth Pace Was Inflated for Nine Years, Study Finds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE