コンテンツにスキップする

英中銀、流動性資産3倍に増すよう指導とFT-合意なき離脱に備え

  • 通常の30日でなく100日乗り切れる流動性資産保有を義務付けとFT
  • ポンドをドルと交換できない想定でバランスシート調整も求める

イングランド銀行(英中央銀行)は、欧州連合(EU)からの英国の「合意なき離脱」に伴う市場のメルトダウン(暴落)の可能性に備えて、現金化しやすい保有資産を3倍に増やすよう一部の英銀を指導した。事情に詳しい複数の関係者からの情報を引用し、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、オンライン版)が報じた。

  • FT紙に関係者が語ったところでは、英中銀の健全性監督機構(PRA)が昨年導入した規則に基づき、銀行が相互の資金融通を停止するような重度のストレスを通常の30日でなく、100日間十分乗り切れる流動性資産の保有を一部の金融機関に義務付け
  • ポンドをドルと交換できなくなるという想定の下で、バランスシートを調整することも銀行は求められていると同紙
  • 英中銀はFTの取材に対しコメントを控えている

原題:BOE Tightens Bank Liquidity Buffers Before Brexit: FT
BOE Asks Banks to Boost Liquid Assets Ahead of Brexit, FT Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE