コンテンツにスキップする

ディズニーの「キャプテン・マーベル」が初登場首位-北米映画興収

  • 週末の北米興行収入は推計1億5300万ドル-コムスコア
  • 週末の世界興収は推計4億5500万ドル-ディズニー

週末の北米映画興行収入ランキングでは、アカデミー賞受賞女優のブリー・ラーソンがマーベルコミックのスーパーヒーローを演じた「キャプテン・マーベル」が初登場首位となった。

  • 調査会社コムスコアが電子メールで10日配布した資料によれば、米ウォルト・ディズニー傘下マーベル部門が手掛けた同作品の週末の北米興収は推計1億5300万ドル(約170億円)。同作品は海外市場でも公開され、ディズニーの推計では週末の世界興収は4億5500万ドルに達した
captain marvel

「キャプテン・マーベル」のブリー・ラーソン

写真家:Marvel Studios
  • キャプテン・マーベルはマーベルのスーパーヒーロー物で女性が主役の初の作品。主演のラーソン(29)は2016年に「ルーム」でアカデミー賞主演女優賞を受賞
    Top 10 Films


Top 10 Film Grosses

All Films Year To Date

原題:‘Captain Marvel’ Cheers Theaters After a Dismal Start to 2019(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE