コンテンツにスキップする

バイオ医薬で相次ぐディール、第4四半期受けた株価調整が後押しか

  • 製品多様化迫られる大手製薬会社、遺伝子治療分野で買収先探す
  • オーデンテスやユニキュア、ウルトラジェニックスなどに注目か

バイオテクノロジー業界で年明け後に相次いでいるディールは、第4四半期の業績低迷を受けた高いバリュエーションの調整が後押しした可能性がある。主要製薬会社による買収の動きがすぐにやむ状況にはないと業界ウオッチャーらはみている。

  バイオ医薬品株は高値から25%余り値下がりしたため、株価下落を利用して遺伝子治療など最先端テクノロジー分野への進出を狙う大企業にとってバリュエーションが一段と受け入れ可能な水準になり始めた。スイスの製薬会社ロシュ・ホールディングが米スパーク・セラピューティクスを48億ドル(約5300億円)で買収する方針や、米バイオジェンナイトスター・セラピューティクスを8億7700万ドルで買収する計画などがそうした例だ。

  BNPパリバ・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャー、クリスチャン・フェイ氏は電話取材に対し「こうした相場調整を目にした際、大企業は利用すべきだと考えられた。この流れは続くと思う」と指摘。「大企業の経営陣は今後の遺伝子治療分野のかなりの部分を合併・買収(M&A)で対応することを引き続き検討しており、開発中の医薬品をみれば、実際それが必要だ」と語った。

  既に発表済みや今後予想されるこうしたディールの核心には、製薬会社が多様化を迫られている状況がある。つまり、バイオジェンは来年公表予定のアルツハイマー病治療薬のデータに依存せず、ロシュは血友病治療薬分野の補完が必要となる。

  これまでのディール発表後、次なる買収対象の可能性に投資家が備え株価が上昇した遺伝子治療関連銘柄には、オーデンテス・セラピューティクスやユニキュア、ウルトラジェニックス・ファーマシューティカル、ボイジャー・セラピューティクスが含まれる。また、治療薬「ソリリス」を持つアレクシオン・ファーマシューティカルズに注目する向きも多い。

Biotech stocks underperformed the market's rough fourth quarter

原題:Biotech Investors Celebrating Deal Boom Can Thank Bloody Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE