コンテンツにスキップする

中国:2月のファイナンス活動鈍化-年初来では前年水準を上回る

  • 経済全体のファイナンス規模は7030億元、市場予想下回る
  • M2伸び率は過去最低に並ぶ、新規融資も予想に届かず

中国では2月のファイナンス活動が季節要因で押し上げられた前月から鈍化したものの、年初来では前年同期を上回り、信用供給の回復が続いていることを示唆した。

  中国人民銀行(中央銀行)が10日発表した2月の経済全体のファイナンス規模は7030億元(約11兆6200億円)。ブルームバーグがまとめた市場予想は1兆3000億元だった。1-2月は5兆3100億元と、前年同期を1兆500億元上回った。

  2月のマネーサプライ(通貨供給量)統計ではM2が前年同月比8.0%増と、伸び率は過去最低に並んだ。2月の新規人民元融資は8858億元と、市場予想の9500億元を下回った。

After January's record surge

原題:China Credit Data Show Continued Recovery in First Two Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE