コンテンツにスキップする
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

オリックスがロベコ売却可能性を検討、最大5000億円で-オランダ紙

  • 複数のM&Aバンカーと可能性を協議しているとテレグラフ紙
  • オリックスはロベコを2013年に22億ドルで買収した
Makoto Inoue, president and chief operating officer of Orix Corp., poses for a photograph after an interview in Tokyo, Japan, on Wednesday, Aug. 3, 2011. Orix Corp., the Japanese provider of financial services ranging from leasing to insurance, plans to invest as much as 80 billion yen ($1 billion) in China over two years in water, machinery and renewable energy.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

オリックスが傘下に置くオランダの資産運用会社ロベコ売却の可能性について、複数の合併・買収(M&A)バンカーと協議しているとオランダ紙テレグラフが報じた。匿名の複数の市場関係者からの情報を引用した。

  同紙によれば、オリックスは、ロベコを約4500億-5000億円で売却する可能性を検討している。オランダのラボバンク傘下にあったロベコは、2013年に22億ドル(現在の為替レートで約2440億円)でオリックスが買収した。

  ロベコは買収後にオリックス・ヨーロッパ(オリックス・コーポレーション・ヨーロッパ)の下に統合された。テレグラフ紙によれば、初期段階の協議で、同社傘下の米国部門ボストン・パートナーズとハーバー・キャピタル・アドバイザーズの売却の可能性も探っている。関心を示すと考えられる複数の当事者が、少なくとも2つの金融機関と話し合いを持ったという。

  オリックス・ヨーロッパの広報担当者は、全ての問い合わせはオリックスに行うよう回答。オリックスの広報担当は、報道は「正しくない」とした上で、ロベコを売却する意思は「全くなく」、過去に検討したこともないと電子メールで返答した。
  
原題:Orix May Be Considering Sale of Netherlands’ Robeco: Telegraaf(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE