コンテンツにスキップする

米中通商交渉は多くの重要な問題で合意に達した-人民銀の易総裁

  • 通貨の競争的切り下げ回避や意思疎通の必要性など協議-易総裁
  • どの問題で合意に達したかについて易総裁は言及せず
Banknotes of US Dollar and RMB are arranged for photography
Photographer: Zhang Peng/LightRocket
Banknotes of US Dollar and RMB are arranged for photography
Photographer: Zhang Peng/LightRocket

中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は、中国と米国は多くの「重要な」問題で合意に至ったと語るとともに、お互いの金融政策の「自主権」を尊重する必要性について協議したと明らかにした。

  易総裁は10日、全国人民代表大会(全人代)が開かれている北京での記者会見で、「両国は、競争的な通貨の切り下げはしないという20カ国・地域(G20)の合意の順守や、為替問題に関して緊密に意思疎通を図る必要性を含め、人民元を取り巻く問題について協議した」と説明。どの問題で合意に達したかについては言及しなかった。

  易総裁によると、両国の交渉参加者は市場原理に基づく為替相場メカニズムの重要性や、情報公開の必要性についても議論。易総裁は中国チームの一員として貿易交渉に参加した。

CHINA-POLITICS

人民銀の易総裁

写真家:Fred Dufour / AFP経由でGetty Images

  両国間の通商摩擦の解消に向けて現在行われている協議では、為替操作問題が焦点の一つとなっている。米国側は、競争力を高めるため、あるいは関税の影響を相殺する手段として通貨の切り下げはしないよう中国に誓約を求めている。これに対し中国側は、通商合意のいかなる実施手順も「双方向かつ公平・公正」であるべきだと述べている。

  易総裁は、中国は為替相場を競争目的、貿易の拡大、あるいは通商摩擦を解決する手段に「決して」利用しないと語った。 

米が中国に人民元安定を要請、通商合意に為替組み入れへ-関係者 (1)

Yuan basket rises to highest in eight months

原題:U.S., China Have Reached Consensus on Many Vital Issues, Yi Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE