コンテンツにスキップする

北朝鮮:合意なき首脳会談は米国のせい-初めて物別れ認める論説

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、ハノイで開かれた2回目の米朝首脳会談が物別れに終わった責任が米国にあると世界が非難していると伝えた。朝鮮労働党機関紙・労働新聞を引用したもので、先の首脳会談が合意に至らなかったと認める北朝鮮メディアの論説はこれが初めて。

  労働新聞の論説は「ハノイでの2回目の北朝鮮と米国との首脳会談の成功と良い成果を期待していた内外の人民は、合意なく終わった首脳会談の責任が米国にあると感じ、非難している」と主張した。

原題:North Korea Blames U.S. for Hanoi Summit Ending Without a Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE