コンテンツにスキップする

仏ルノー元幹部の多額パッケージが表面化、報酬調査で-関係者

フランスの自動車メーカー、ルノーでは、カルロス・ゴーン被告の逮捕を受けて実施している幹部報酬の調査で、ある上級幹部の退社に伴う多額のパッケージが明らかになった。

  事情に詳しい複数の関係者によれば、昨年8月まで人事のトップだったマリーフランソワーズ・ダムシン氏は、退社後に競合他社に移らないことを条件に多額の支払いを受ける。仏週刊紙カナール・アンシェネは、同氏がこの取り決めに関連した部分だけで1カ月当たり7万2000ユーロ(約900万円)余りを受け取ると報じた。

  関係者2人によると、この取り決めについては、ルノー取締役会の監査委員会が11日に精査する可能性が高い。関係者らは、部外秘だとして匿名を条件に語った。ルノーの広報担当はコメントを控えた。ダムシン氏にもコメントを求めて連絡を取ったが、これまでに返答はない。関係者らによれば、この支払いに関して何かしらの行動が起こされるかどうかは不明。

原題:Renault Pay Probe Said to Reveal Ex-Manager’s Hefty Exit Package(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE