コンテンツにスキップする

米住宅着工件数、1月は予想上回る回復ぶり-許可件数も増加

更新日時

1月の米住宅着工件数は市場予想を上回る規模で拡大した。一戸建て住宅の着工が大幅に増えた。着工許可件数は9カ月ぶりの高水準。住宅ローン金利低下で住宅市場が安定しつつあることが示唆された。

キーポイント

  • 1月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換算、以下同じ)は前月比18.6%増の123万戸-市場予想(119.5万戸)を上回る
    • 前月は104万戸(速報値108万戸)に下方修正
  • 着工件数の先行指標となる住宅着工許可件数は、1.4%増の135万戸-市場予想では128.7万戸への減少が見込まれていた

インサイト

  • 一戸建て住宅の着工件数は25.1%増の92万6000戸と、1979年以来の大幅増。ただ、一戸建ての着工許可件数は2.1%減少し、2017年8月以来の低水準
  • 許可は受けているが未着工の件数が1月は約20万3000戸と、07年5月以来の高水準。住宅建設業界の活況が向こう数カ月続くことを示唆
  • 政府機関の一部閉鎖に伴う遅れで、正確な着工・完工の日時を定めるのが通常より困難な可能性を統計の報告書が指摘
  • 今回の統計は当初2月20日に発表されることになっていた。2月のデータは3月26日に発表予定

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Housing Starts Rebounded in January by More Than Forecast(抜粋)U.S. Jan. Housing Starts Up to 1,230k Annualized; Est. 1,195k

(詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE