コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

若者の電子たばこ利用、米FDAの厳しい対応変わらずー長官辞任後も

  • ゴットリーブ長官は「この上なく円満」に辞任する-ホワイトハウス
  • 電子たばこやフレーバーたばこへの対応について疑問広がる
A customer exhales vapor from an electronic cigarette at the NXNW Vapor store in Sacramento, California, U.S., on Thursday, June 28, 2018.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

ホワイトハウスは米食品医薬品局(FDA)のスコット・ゴットリーブ長官が辞任することとは関係なく、若者の電子たばこ利用に厳しく臨む米食品医薬品局(FDA)の姿勢を支持するとともに、たばこ製品の規制を強化する方針だ。米政府高官が7日の取材で語った。

  マルバニー大統領首席補佐官代行はインタビューで、同長官が「この上なく円満に」辞任すると指摘。「同氏に関して政権内で政策上の異論があったとは認識していない」とも語った。

  ゴットリーブ長官が約1カ月後に辞任することは5日に伝わり、電子たばこやフレーバー付きたばこなどに新たに厳格な規制を課すという同長官の方針がどうなるか疑問が広がった。

原題:No Letup Seen in Crackdown on Youth Vaping by FDA After Gottlieb(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE